タオルケット3枚

tongue.exblog.jp

タグ:マップ ( 6 ) タグの人気記事

マップ祭り、後半へ

e0171114_19151778.jpg

最高に楽しかったです。

8月には実際にプレイしちゃうそうだよ。

祭りはまだまだ終わらない、引き続き増田の活躍にご期待ください。
お前のセンスを見せてやれ!夏のMAP製作祭り!
[PR]
by floy | 2010-07-31 19:15 | TMClone

紙マップ

紙とペンでマップ作るとき。

ダメ、失敗!となったら次のページ行く。

全部消すことがないから、ちっちゃなアイデアが全部残る。

たまに見返してみれば 「ここは使えるかも!」 とアイデアを拾い直す事に!

なんてすばらしい再利用だろうか。



「リユース!リデュース!リサイクル!3つのRが世界を救う」
みたいなキャッチフレーズでエコを訴えていたCMに出ていた女の子が可愛かった事を思い出した。
おそらくACのCM。パヒュームになるだいぶ前の話。
[PR]
by floy | 2010-07-26 20:14 | TMClone

ちょんまげを眺めて過ごす136583

ワンウェイの凸部による微妙な丸みがナニこれキモチイイ

e0171114_20143436.gif
136583タイトルは受精 create by Microwave

未プレイ
[PR]
by floy | 2010-06-09 20:16 | TMClone

置くのは20個だけというルール

1000×1000くらいの小さいマップをちょこちょこ作ってます。

人数少ない時間帯に遊びたい時、
自分でもマップを立てられるように作り始めた…けど、

使う機会がなかなか訪れない。


ないと分かっていても作っちゃうんだが。

暇つぶしではないし、

楽しー!ってわけでもないのに、

やめられないとまらない

ただ、並べてるとおちつくんだよなー。


披露もせず満足しているこの俺の気持ち悪さよ。
[PR]
by floy | 2010-03-09 01:30 | TMClone

#46059 hexagon

一つだけワンウェイ裏から取れる旗があったので修正。

①対称性上げた。
②アイテム変更した。

medical kit -1
heart -1
bomb -1
explosive barrel +1

③生産地示すブリッジ置いた。

修正だけじゃ終われず思わずいじってしまった。
バランス崩れないと良いのだが。
[PR]
by floy | 2009-08-23 02:15 | TMClone

ここ数日の雑感

「通勤バイク」
疲れた。
幅寄せは止めて欲しい。
暑い、秋が待ち遠しい。
紅葉ツーリング計画しよう。


「ほぼ日手帳」
愛用中。
ほぼ日記手帳になっている。
空白のページには料理レシピや愚痴・反省を書くことにしている。

頑張りたい俺はフランクリン手帳も気になる。
目標設定、そしてその達成の助けになりそう。
使いこなせない気がする。
その手帳の使い方を教える「人生は手帳で変わる」という本がある。
いや、この手帳で人生は変わらないけど、
何をしたらいいか分からない人が使うと効率がいいかもしれない手帳
ではある。考え方は参考になった。
しかし、リフィル式が性に合わなくて乗り換えていない。


横書きで字を書いているとたまにイラッとする。
日本語は縦書きでこそ美しく書ける文字なんだ!

「書く」という用途の手帳は、縦書きであるべきでは無いのか!
縦書きの手帳があったら、即乗り換える。


あ、きっと世の人々はちゃんと勉強するから、
学生時代にたくさんノートに文字を書いて慣れるんだろう横書きに。

俺はノートの取り方すら分からない…だからか。


「おーいお茶の俳句」
お昼に握り飯を食いながら、眺める。
女子高校生の作品。
悔しさは 風にそっと 流せばいい

じわじわきた。
仲間、同志に言っているように聞こえる。
かつて自分も感じた悔しさを、誰かが感じている。
友人か、部活の仲間か、はたまた過去の自分か。

悔しさを感じるのは、本気で取り組んだからだ。(過去)
その悔しさは風に流して(今)
さあ進もう。(未来へ)

17文字の外へ広がった。
こういう句から意味を考えるのは楽しい。
説明不足を恐れない省略によって生まれた余白。
ひとは余白を埋めたくなるもの。
そこに隠れている(本当は無くても)意味を汲み取ろうとする。


余白といえば、
タンクマニア、TMCloneでのマップ作り。
オブジェクトで埋めたくなる。

こちらの余白は必ずしも良いものではないが、
昔niteteさんのマップをみて「余白を恐れないマッパー」だと思った。
そのマップの独特さは群を抜いていた。憧れた。


話は俳句に戻る。
いつの頃からか俳句が気になっていた。
衝撃を受けた一句がある。
咳をしても一人

3・3・3の自由律、尾崎放哉の句。
グワッとくる寂しさ、それだけ感じた。
前向きでも後ろ向きでもない、ただ寂しい。
伴侶も得ることなく生き、いずれ親も亡くなれば独りになるんだ、
なんて事を考えたことがあるから、反応したのかもしれない。

俳句とはこんなに何かを発信していたのかと、そのとき気付いた。
[PR]
by floy | 2009-08-21 01:58 | 日々感じるところ